HOME>教育研究活動>教員の教育研究活動

教育研究活動

教員の活動 トピックス

平成28年度
  •  2017/01/16 化学コース 泉康雄 准教授の 研究グループの 科研費の成果事例
            文部科学省のウェブサイト に掲載されました。
  •  2017/01/06 化学コース 荒井孝義 教授(兼 千葉大学リーディング研究育成プログラム
            『先導的ソフト分子の活性化と機能創製』リーダー)を代表として、
            千葉大学が千葉県と共に申請した「千葉ヨウ素資源イノベーションセンター」
            Chiba Iodine Resource Innovation Center(CIRIC)が、
            平成28年度文部科学省補正予算事業「地域科学技術実証拠点整備事業」
            に採択されました。詳細日本経済新聞(1月12日付)千葉日報(2月28日付)
  •  2017/01/04 ハドロン宇宙国際研究センター 吉田滋 教授と石原安野 准教授 出演で制作された動画
            「The Search for Cosmogenic Neutrinos-宇宙ニュートリノの探索」
            が発表されました。
  •  2016/12/21 数学・情報数理学コース 松井宏樹 教授が
            「科研費」審査委員として表彰 されました。
  •  2016/12/16 化学コース 荒井孝義 教授が
            平成28年度有機合成化学協会 日産化学・有機合成新反応/手法賞  を受賞しました。
  •  2016/12/09 ハドロン宇宙国際研究センター・ニュートリノ部門の石原安野准教授が
            「Constraints on Ultrahigh-Energy Cosmic-Ray Sources from a Search for
            Neutrinos above 10 PeV with IceCube」と題した論文を発表しました。
            ニュースリリース論文
  •  2016/12/07 地球科学コース 市山祐司 助教は
            マリアナ前弧域蛇紋岩泥火山掘削 に参加します。
  •  2016/12/02 物理学コース 堀田英之 特任助教ら共同研究グループは
            高度なプログラムを自動生成できる新言語「formura」を開発しました。
  •  2016/10/28 化学コース 村田武士 教授 ら研究グループ は
            「たんぱく質ナノモーターの回転メカニズムの解明に道筋〜がん転移や骨粗しょう症の
            原因解明に期待〜」
            と題した論文を発表しました。詳細
  •  2016/08/22 化学コース 荒井 孝義 教授 ら研究チームが発表した
            「医薬に重要なインドリン化合物の実用的な触媒的不斉合成に成功」
            と題した論文の記事が、化学工業日報(8月19日付) に掲載されました。
  •  2016/08/09 物理学コース 北畑 裕之 准教授 ら研究チームは
            「アメーバのように水中を泳ぎ回る微小物体の化学創製」
            と題した論文を発表しました。
  •  2016/08/02 化学コース 坂根 郁夫 教授 ら研究チームは
            「双極性障害の原因蛋白質の有力候補の発見に成功」
            と題した論文を発表しました。詳細
  •  2016/04/22 分子キラリティー研究センター 村田武士 教授・安田賢司 特任助教 ら研究チームは
            「膜タンパク質の理論的耐熱化法を開発」 と題した論文を発表しました。
  • 平成27年度
  • 2016/03/24 物理学コース 堀田英之 特任助教ら国際チームは
            スーパーコンピュータ「京」による世界最高解像度計算で
            太陽の磁場生成メカニズムを世界で初めて解明しました。
  • 2016/03/24 化学コース 荒井孝義 教授が
             RSCが出版する化学ジャーナルの論文引用でTop10%の著者に選ばれました
  • 2016/03/02 化学コース 坂根郁夫 教授ら研究チームは
            「がん細胞を死滅させ,がん免疫を活性化する夢の化合物」を発見しました。
  • 2016/02/15 物理学コース 河合秀幸 准教授らの開発した ストロンチウム90の検出器 の記事が              日刊工業新聞 (1月22日付)に 掲載されました。
  • 2016/01/22 化学コース 泉康雄 准教授の 研究グループの 原著論文
            Binary metal (Ti, Cu) oxyhydroxy-organic (terephthalate) framework:an
            interface model nanocatalyst for hydrogen purification (詳細)
            インパクトファクター7.310 の Journal of Catalysis 誌の
            注目論文 に選ばれました。
  • 2015/12/09 物理学コース 河合秀幸 准教授が
            千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2015学長賞 を授与されました。
  • 2015/12/03 化学コース 泉康雄 准教授の 総説論文
             Recent advances in the photocatalytic conversion of carbondioxide to fuels
             with water and/or hydrogen using solar energy and beyond (詳細) が
             インパクトファクター13.2の Coordination Chemistry Reviews誌の
             高引用数論文 に選ばれました。
  • 2015/11/30 地球科学コース 中西正男 准教授が 海洋調査技術学会功労賞 を受賞しました。
  • 2015/10/28 物理学コース 山田泰裕 准教授が 第10回(2016年) 物理学会若手奨励賞 を受賞しました。
  • 2015/10/28 物理学コース 山田泰裕 准教授が 第37回(2015年) 応用物理学会論文賞 を受賞しました。
  • 2015/10/23 物理学コース 吉田滋 教授 の記事が 東京新聞(10月19日付)に 掲載されました。
  • 2015/10/14 化学コース 泉 康雄 准教授 の総説が
            アメリカ化学会刊行ACS Books Volume 1194
            “Advances in CO2 Capture,Sequestration,and Conversion” の
            筆頭章 (スポンサーリンク付きプライオリティ論文) に選ばれました。
  • 2015/10/13 化学コース 荒井孝義 教授 研究室の論文が
            『ChemCatChem』誌 の back cover として取り上げられました。
  • 2015/07/27 物理学コース 櫻井建成 准教授 が
            平成27年度 ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞 を受賞しました。
  • 2015/07/27 化学コース 大場友則 准教授 が
            公益社団法人日本化学会コロイドおよび界面化学部会 第14回科学奨励賞
            を受賞しました。
  • 2015/07/27 化学コース 大場友則 准教授 が
            平成27年度「千葉大学先進科学賞」 を受賞しました。
  • 2015/06/04 化学コース 大場友則 准教授 が
            公益財団法人花王芸術・科学財団 第17回花王研究奨励賞 を受賞しました。
  • 2014/04/14 物理学コース 河合秀幸准教授、田端誠特任研究員 らが開発した「エアロゲル」が
            日本初アストロバイオロジー宇宙実験「たんぽぽ計画」の装置としてロケットに搭載
            されました。 (※打ち上げは4月15日に延長されました) 詳細
  • 2014/04/13 化学コース 大場友則 准教授 が
             科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を、受賞しました。
  • 平成26年度
  • 2015/02/27 ハドロン宇宙国際研究センター 松本洋介特任助教 らの論文が
            アメリカ科学振興協会(AAAS)発行 『Science』誌に掲載 されました。
  • 2015/01/13 物理学コース 横田紘子助教が
             公益財団法人島津科学技術振興財団
             平成26年度研究開発助成金 を受領され、科学新聞に取り上げられました。
  • 2014/11/06 物理学コース 中山隆史教授らの論文
             『Surface Stability and Growth Kinetics of Compound
              Semiconductors: An Ab Initio-Based Approach』 
              が 日本結晶成長学会の第31回論文賞 を受賞しました。
  • 2014/10/24 物理学コース 横田紘子助教の論文が
             『Nature Communications』誌 のオンラインサイトに
              accepted paper として公開されました。
  • 2014/09/30 地球科学コース 竹内望教授の論文が
             『Quaternary Science Review』誌に掲載され、 
              論文発表が日本経済新聞に取り上げられました。
  • 2014/07/09 化学コース 荒井孝義 教授 研究室の論文が
              『ChemComm』誌 の Front cover として取り上げられました。
  • 2014/05/20 生物学コース 遠藤剛教授 高野和儀助教 研究室の論文が
              米国科学アカデミー紀要(PNAS) オンライン速報版 に掲載されました。 詳細
  • 2014/05/20 地球科学コース 津久井雅志教授の論文
             『浅間火山天明噴火:遠隔地の史料から明らかになった降灰分布と活動推移』 
              が NPO法人日本火山学会 (2014年度 第15号)論文賞 を受賞しました。
  • 2014/05/15 化学コース 荒井孝義教授 研究室の論文が  新聞誌面に掲載 されました。
  • 2014/05/07 化学コース 荒井孝義教授 研究室の論文が
              ChemComm誌 の オンラインサイトに 2014/04/24(木)
              accepted manuscript として公開されました。
  • 平成25年度
  • 2014/02/12 ハドロン宇宙国際研究センター 吉田滋教授 石原安野特任助教の研究活動
            「超高エネルギー宇宙ニュートリノ発見への貢献」が『戸塚洋二賞』を受賞しました。
  • 2013/12/16 ハドロン宇宙国際研究センター 吉田滋准教授・石原安野特任助教らが参加する研究の論文が
               米国物理学会 専門誌 『Physical Review D 』オンライン版に公開 されました。
  • 2013/12/13 ハドロン宇宙国際研究センター 吉田滋准教授らの実験研究成果である 
              『Ice Cubb による高エネルギー宇宙ニュートリノの初観測』が
               英国物理学会 IOP(Institute of Physics) の選定する
               物理学のブレークスルーオブジイヤー 第1位 となりました。
  • 2013/11/28 地球科学コース 津久井雅志 教授の研究・分析報告が
               多数の新聞誌面に掲載・紹介 されました。
  • 2013/11/22 ハドロン宇宙国際研究センター 吉田滋准教授・石原安野特任助教らの論文が
               米科学誌 『Science(サイエンス)』オンライン版に公開 されました。
  • 2013/11/20 ハドロン宇宙国際研究センター 松本洋介 特任助教 らの論文が
               米国物理学会 『Physical Review Letters』誌に掲載 されました。
  • 2013/11/13 生物学コース 伊藤光二 准教授 研究室の論文が
               米国科学誌『デベロップメンタル・セル』オンライン版、
               国内外の各種ニュースメディアに掲載 されました。
  • 2013/08/13 化学コース 荒井孝義 教授 研究室の論文が
               『ChemComm』誌 の Inside back cover として取り上げられました。
  • 2013/07/26 ハドロン宇宙国際研究センター 石原安野 研究員が 7/2(火)
               IceCube実験における業績が評価され、
               『IUPAP Yung Scientist Awards 2013(IUPAP若手賞)』を受賞しました。
  • 2013/04/30 ハドロン宇宙国際研究センター 石原安野 研究員が主導した
               IceCube実験による高エネルギーニュートリノの発見が、
               アメリカの多数のサイエンスメディア で報道されました。
  • 平成24年度
  • 2013/02/20 化学コース 荒井孝義 教授の論文が Chemistry A European Journal 誌
               オンライン版 月間アクセス数最多論文(2013年1月)になりました。
  • 2013/02/20 化学コース 荒井孝義 教授の論文が 科学出版社 Wily(ワイリー)社編集局が選ぶ
               Hot Paper(重要な論文)となりました。
  • 2013/01/15 化学コース 村田武士 特任准教授の論文が
               英科学誌 Nature(ネイチャー) オンライン速報版に公開されました。
  • 2012/06/20 6月19日(火)物理学コース 中田 仁 教授の研究グループが『原子核の振動を正確に観測』
               することに成功し、研究に関する記事が神戸新聞に掲載されました。
  • 2012/06/20 科学技術振興機構による高校生向けイベント『拡がりゆく数学 in 千葉』
              (共催:理学部・物理学コース 北畑裕之 准教授担当)が
               6月17日(日)に開催されました。
  • 2012/06/20 6月12日(火)物理学コース 吉田 滋 准教授が
               『Ice Cubeによるニュートリノ検出』に関する記者発表 を行いました。

  • 平成23年度
      2012/01/30 化学コース 村田武士 特任准教授の論文が英科学誌 Nature(ネイチャー) 速報版に
              公開されました。詳細
      2011/12/02 化学コース 村田武士 特任准教授の論文が米科学誌 Science (サイエンス)に
              記載されました。詳細
      2011/11/15 化学コース 村田武士 特任准教授の論文が米科学誌 米国科学アカデミー紀要(PNAS) 
              電子版に公開されました。詳細
      2011/08/02 化学コース 村田武士 特任准教授の論文が米科学誌 米国科学アカデミー紀要(PNAS) 
              電子版に公開されました。詳細
    平成22年度
      2010/12/10 生物学コース 遠藤 剛 教授の研究室の論文が米科学誌 Science(サイエンス)に
              掲載されました。詳細

    教員の教育研究活動報告

    年度別
    平成27年度 平成22年度 平成17年度
    平成26年度 平成21年度 平成16年度
    平成25年度 平成20年度
    平成24年度 平成19年度
    平成23年度 平成18年度

    生命倫理審査委員会

         ・理学研究科生命倫理審査委員会規程
             ・平成24年度 第1回生命倫理審査委員会議事要旨
             ・平成24年度 第2回生命倫理審査委員会議事要旨
             ・生命倫理審査委員会委員(平成25年4月現在)