HOME>概要>研究科コース紹介

理学研究科 コース紹介

 コース名(タイトル)をクリックすると、そのコースのホームページに移動します。

数学・情報数理学コース

 数学は言うまでもなく自然科学の基礎である。自然界の現象は、数学的記述が可能となってはじめて、その本性が法則として説明される。自然科学のこの手法は、人文・社会科学の諸分野にも浸透し、数学はその体系化・定式化に大きな貢献をなしつつある。一方コンピュータによる高度情報化社会の進展に伴って、情報科学の重要性が広く認識されるようになり、その基礎理論を与える情報数理学の発展は今日的課題となってきている。それゆえ純粋数学の進化はもちろん基本的に重要であるが、情報科学をはじめとする諸科学への応用をも志向することにより、双方の学問のさらなる発展が期待できる。本専攻は、数学と情報数理学の融合によって、新しい科学技術及び情報化社会の真の基礎となるべき人材を育成することを目指す。

 博士前期課程においては、数学と情報数理学の高度な基礎の習得を目指す。しかし、前期課程においても内容は専門的には極めて高度であるために、学部過程での素養の上に立ち、複数の領域における専門的基礎を獲得できるように、比較的入門的側面を持つ授業を配置する。このような配慮のもとに、演習と特別研究によって、実践的にも理論的にも研鑽を促し、博士後期課程あるいは企業等におけるより高度な研究へと移行することができるようにする。

 博士後期課程では、前期課程で学んだ基盤の上に立ち、代数構造、幾何構造、位相構造、数理論理、解析構造、統計数理、計算機数理、情報数理等をさまざまな視点から一層深く解明していく。この目標のために、特別演習と特別研究で具体的な独創力と応用力の強化を図る。そして、研究者や技術者として未解決の問題に立ち向かうことのできる人材の育成を目指す。
ページトップへ

物理学コース


 物理学は自然界に存在する素粒子から宇宙までの多彩な対象に対して、その基本法則を探求する学問です。その多彩な対象に対応する為物理学コースでは10の研究・教育分野を設け、それらを機能的に連結することで物理学のほぼ全領域をカバーしています。

 大学院前期課程に於ける研究には高度な知識が必要でありながら、必要な基礎知識は複数の領域に渡る事が良く有ります。その為、物理学コースでは入門的側面を持つ概論の講義を取り揃え、学生の進度に応じて体系的に学ぶ事によって、専門性を高められるカリキュラムを用意しています。また、多彩な専門的科目は前期過程・後期過程を通じて履修でき、各自の専門性に応じた知見を広めることができます。また、必修科目として人文・社会科学系の特別講義を用意し、専門的にも人間的にも成長した大学院に於いて、大学レベル以上の人間教育も重視しています。

 大学院後期課程に於ける研究には、極めて高度な知識が必要ですが、物理学の基本法則は特定の分野に限らず他の分野の現象にも応用できる事が一般的です。その為、物理学コースでは入門的側面を持つ概論の講義を取り揃え、また多彩な専門的科目を前期過程・後期過程を通じて履修でき、後期課程で研究・学習している各自の専門性に応じた知見を広められます。こうして専門性に幅を持たせ、広い応用性を身につける事ができます。 このように物理学コースでは素粒子、原子核、凝縮系等から生体、宇宙までの幅広い自然対象の理論的・実験的な幅広い研究・教育により、創造性豊かでかつ新奇な問題にも対処でき得る研究者、高度技術者の養成を行っています。

ページトップへ

化学コース

 化学は人類の生活を支える物質、エネルギー、環境、生命全般の基礎をなしている。化学コースは量子化学、物性化学、無機化学、分析化学を教育する基盤物質化学、有機化学および生命化学を教育する機能物質化学の2つの教育研究領域からなり、あらゆる物質を対象とした化学の基盤的教育を行うことで、幅広い学問的教育分野への関心と理解を促すカリキュラムとなっている。特に、物理学と生物学との境界領域にある化学の役割は大きく、物理化学と生命化学の高度な教育に重点を置いている。例えば、地球環境が悪化している今日、持続性ある社会の構築のために、高度な省エネルギー技術の開発、省エネルギー型の生活創成、環境調和型技術の創成は、化学を専門とする研究者の責務となっている。本化学コースでは、これらの社会的ニーズに応えるべく、化学の専門能力と応用能力を備え、産業界で活躍できる専門的職業人および研究者の養成を行っている。

 化学は物質に関する学術であるため、博士前期課程では、積極的に物質の特性・変化を体験できるように特別演習、特別研究を設定している。尚、多くの授業科目について、体系的な分野における基盤科目以外は、前期と後期課程を通じて履修できる。

 博士後期課程では、前期課程での化学領域の基盤の強化の上に立ち、化学の専門の修得状況によって、化学系のなかでの幅広い学習が可能なような、カリキュラムを提供している。また、実践的な演習と特別研究によって物質の個性の探求法と判断力を更に磨きあげる。このひとつの例として国内での学会参加だけでなく、海外での国際会議、海外との共同研究などを通じて世界をみながらの研鑽を重視している。尚、多くの授業科目について、体系的な分野における基盤科目以外は、前期と後期課程を通じて履修できる。
ページトップへ

生物学コース

 生物を理解するには、生命体を構成する個々の分子の構造と機能を理解し、その成果をシステムとして成り立っている細胞や生命体へフィードバックすることが必要です。 それと同時に生物が生息する環境の空間スケールや進化の時間軸を考慮する必要があります。生物学コースではミクロからマクロまでの多様な視点で生物学の研究をおこない、生命現象の理解を目指しています。別組織の融合科学研究科ナノバイオロジーコースとも密接に連携して、教育研究の充実をはかっています。

 博士前期課程では、分子生物学、生体分子計測学、細胞微細構造学、発生機構学、生態学、系統学の6つの特論に加えて集中講義形式でおこなわれる特講を履修し、各専門分野の高度な知識を修得します。また、実践的な特別演習と特別研究を通して生物学の研究を進めていく過程で生じてくる諸問題を検討・解決できる能力を育成します。課程修了後、社会や教育の現場で生物学の専門技術と知識を活用して活躍できる人材育成を目標としています。

 博士後期課程では実践的な特別研究と特別演習が主な履修科目となり、生物学に関する特定の研究課題について、研究を進める能力、論理的手法で研究成果を集積する能力、研究成果をまとめ発表する能力、研究を発展させる能力の育成をおこないます。また、分子機能制御科学、タンパク質機能科学、生体構造科学、機能形態形成科学、生理生態学、生物群集動態論、進化生物学、系統解析論などの専門性の高い講義も開講されており、各自の専門性に合わせて履修します。課程修了後、生物系の研究機関で専門技術と知識を活用して活躍できる人材育成を目標としています。
ページトップへ

地球科学コース

 地球科学コースでは、地球内部科学、地球表層科学、環境リモートセンシングの3つの教育研究領域に分かれて、教育研究を行っています。地球内部科学教育研究領域では、地球内部の様々な構造や地球内部で起こっている諸現象を岩石学、鉱物学、構造地質学、地球物理学などの手法を用いて解析し、総合的に理解することを目指した教育研究を行っています。地球表層科学教育研究領域では、地史古生物学、堆積学、地形学、水文学、雪氷学の手法を用いて、地層、化石、地形、地下水、雪氷に記録されている過去から現在に至るまでの地球表層環境変遷史の解読・解明に焦点をあてた教育研究を行っています。環境リモートセンシング教育研究領域では、衛星画像データ解析に基づく地球表層環境の統合的把握と地球診断を目指した教育研究を行っています。

 博士前期課程では、岩石鉱物学概論、地球ダイナミクス概論、層序学概論、自然地理学概論、環境リモートセンシング概論の必修5科目を、原則として1年次に履修します。これらの科目の履修により地球科学全般の基礎を理解した上で、各教育研究領域を深く学ぶことを目的として選択科目を履修し、さらに実践的な特別演習と特別研究を通して地球科学に関する諸問題を検討・解決できる能力を育成します。課程修了後、社会や教育の現場で地球科学の専門技術と知識を活用して活躍できる人材育成を目標としています。

 博士後期課程では、博士前期課程の必修5科目(岩石鉱物学概論、地球ダイナミクス概論、層序学概論、自然地理学概論、環境リモートセンシング概論)を履修していない場合には、まずこの5科目を履修して地球科学全般の基礎を修得します。また、専門領域の選択科目を履修して高度な専門知識を修得します。さらに、実践的な特別演習と特別研究を通して、地球科学の諸現象を解明できる能力を育成します。課程修了後、地球科学分野の研究者や技術者として活躍できる人材育成を目標としています。
ページトップへ